FC2カウンター

皆さんへMessage

44

Author:44
東京から南へ300kmの伊豆七島で一番南にある島。
「蒼い海・青い空・深緑の山」
小さな島だけど、とっても大好きな島なんだ。
そんな八丈島を少しでも感じてもらえたらいいなぁ~。

ねっとしょっぷ

INTERIOR ART SHOP

おやじギャグ

かれんだぁ~

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

かてごりー

RSSリンク

最近のこめんとだよ

ブログりんく

このブログはレグルスダイビングの一部です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 border=
杉材で作ったテラスは3年から5年が耐久年数らしいが、腐った部分を取り換えたり、補強材をくわえたり、ペンキを何度も塗り直しているうちに、なんと16年も経っていました。
とっくに朽ちているはずなんですが、手入れをすれば持つもんなんですね。でももう限界です。
床を踏みぬいたり、手すりごと道路に落ちる可能性が出てきたので、ついに作りかえることにしました。
もちろん大工は私です。なのでテラス材は杉ではなくウリン材にしました。
このウリン材、100年水に着けても腐らないと言われる最強のウッドデッキ材、別名「アイアンウッド」です。ディズニーシ―でも使われます。
でも、水に強い代わりにアイアンウッドと言われるように、もの凄く硬く、専用のドリルで穴を開けて専用のビスで組んでいくんですが、すでに何本もドリルの歯を折っています。
こちらがウリン材の断面です。通常の材木に比べると非常に目の細かく詰まっていて、そのためか非常に重量感のある重い木です。


IMG_6063.jpg

そんなウリン材を使って、土台が完成しました。

IMG_6059.jpg

本当だったらテラスの床もこのウリン材にしたいのですが、杉材の3倍の値段のする高価な木なので、そこまでお金をかけるのは無理です。
そこで、杉材より水に強いヒバ材を使うことにしました。白色のきれいな木材なので、ウリンの色合いとよく合います。


IMG_6060.jpg

なかなかいい雰囲気になりました。
さて、あとひと踏ん張りです。ここまで仕上がれば完成も時間の問題ですね。
これが終わったら今度は階段と充填所の天井の手すりの工事に取り掛かります。
それにしてもこのテラス作り、まじ楽しい♪




水中写真がもっと上手になりたい方→ 44のフォト講座

↓↓↓多くの義援金が集まりますように!!
義援金一覧

<< 今年はマクタンだ | ホーム | 2013年、初ナズマド >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。