FC2カウンター

皆さんへMessage

44

Author:44
東京から南へ300kmの伊豆七島で一番南にある島。
「蒼い海・青い空・深緑の山」
小さな島だけど、とっても大好きな島なんだ。
そんな八丈島を少しでも感じてもらえたらいいなぁ~。

ねっとしょっぷ

INTERIOR ART SHOP

おやじギャグ

かれんだぁ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

かてごりー

RSSリンク

最近のこめんとだよ

ブログりんく

このブログはレグルスダイビングの一部です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 border=
今日の課題はハゼと暮らすテッポウエビです。
ホストのシロオビハゼと暮らすのはロッテリと呼ばれているテッポウエビです。
ハゼは無視、エビの横位置をバッチリ撮るというのが目的です。
ハゼに付くテッポウエビは、種類関係なしに一定のリズムがあります。
ハゼの合図と共に穴からブルトーザーのように大量の砂を持って外に出します。
砂を運んでいるときのエビは大量の砂の重みでペースはゆっくりなので、ピント合わせはこの瞬間がとても楽です。
しかし、両ハサミに大量の砂を持っているためハサミの部分が隠れてしまうので生態写真的としてはダメダメな写真となってしまいます。
シャッターチャンスは、砂を外に運び、巣穴に戻る瞬間です。でも、身軽になったエビの速度は、砂を持っているときの3倍の速さとなってしまうため、ピントを見てシャッターを押すのは一度だけとなってしまうのです。
いつもだったら、そのわずかな瞬間をものにしていたんですが、今日はなぜかピントの山が見えなかったのです。
惨敗・・・・。
ロウガンズ、もしかして進んでいるのかもです。
と目のせいにしてはダメダメですね。
反省・・・。
精進が足りないってことですかね。

写真はそのハサミが写っていないダメダメ写真です。
やっぱりリベンジかな。

shiro_20121024175837.jpg



水中写真がもっと上手になりたい方→ 44のフォト講座

↓↓↓多くの義援金が集まりますように!!
義援金一覧

<< ワイド欲 | ホーム | 反省の日 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。