FC2カウンター

皆さんへMessage

44

Author:44
東京から南へ300kmの伊豆七島で一番南にある島。
「蒼い海・青い空・深緑の山」
小さな島だけど、とっても大好きな島なんだ。
そんな八丈島を少しでも感じてもらえたらいいなぁ~。

ねっとしょっぷ

INTERIOR ART SHOP

おやじギャグ

かれんだぁ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

かてごりー

RSSリンク

最近のこめんとだよ

ブログりんく

このブログはレグルスダイビングの一部です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 border=
豆南諸島最大の課題、新種を見つけること。
って書くと、そんな簡単に新種が見つかるはずないよと思ってしまいますよね。
ところがこの場所は穴場なんですね。特にベヨネーズと須美寿は八丈島と小笠原の中途半端なサンゴ礁域。
しかも一部大物好きのダイバーが潜っているけど、この場所を細かいものを丹念に見るダイバーはいません。
実際私もいろいろな人に聞きましたが、サメが凄いとか、イソマグロやギンガメ、ロウニンアジなどの回遊魚が凄いと大物の話ばかりでした。
確かに人間より大きなイソマグロがズンズンと来るし、サメだって後ろについて来ますが、しかし大物に負けずに小物も凄かった。
圧巻は須美寿のちょードロップオフ。ここヤバイくらい深みに落込み、正面にも巨大な根があり谷底に落ちてしまう錯覚にとらわれます。
なんかパラオのドロップより凄いというか怖かった♪その壁面にありえない数のオレンジストライプドピグミーバスレットの大群が乱舞しています。
そのオレンジストライプドピグミーバスレットに近づくとウツボの穴へみんな逃げ込むのです。このウツボの穴はドロップの壁面に点在し、ウツボたちが番人のように顔を出しているのです。

新種かもしれないウツボくん見っけ♪

もちろん写真だけでは新種になりません。標本が必要ですけどね。
まぁ次回の調査があれば、是非ゲットしたい種類です。

20120726_sumis_1.jpg

※標本採取については公の機関で許可も取っています。



↓↓↓多くの義援金が集まりますように!!
義援金一覧

水中写真がもっと上手になりたい方→ 44のフォト講座

<< 豆南諸島の課題その4 | ホーム | 豆南諸島の課題その2 「ひょうたんから駒」 >>

コメント

見たことないウツボに目が行ってましたが・・・周りの子たち・・・すごい!

周りの子たち、今日書くよ♪

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。