FC2カウンター

皆さんへMessage

44

Author:44
東京から南へ300kmの伊豆七島で一番南にある島。
「蒼い海・青い空・深緑の山」
小さな島だけど、とっても大好きな島なんだ。
そんな八丈島を少しでも感じてもらえたらいいなぁ~。

ねっとしょっぷ

INTERIOR ART SHOP

おやじギャグ

かれんだぁ~

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かてごりー

RSSリンク

最近のこめんとだよ

ブログりんく

このブログはレグルスダイビングの一部です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 border=
コガネスズメダイ(Chromis analis)は以前からコンプレックス、つまり複数の種類が存在します。
なんでそんなことになったかというと、1830年に海外で英名イエロークロミス(Chromis analis)という種類が新種記載された。
その後日本にも伊豆などで見られるイエロークロミスにそっくりな種類のスズメダイが見つかり、どうしてそうなったかは分からないけど、これをイエロークロミスと同種にしてしまいコガネスズメ(Chromis analis)の新称が付けられてしまった。

そのコガネスズメがついに別種として分けられた!!!
上記の経緯の流で行けば海外で見られる種類に与えられた学名がChromis analisとなり、日本の伊豆などで見られる種類は和名はコガネスズメとして与えられたけど学名はChromis analisではなくなることになります。
まとめるとこんな感じかな。

伊豆や八丈島、屋久島までの南日本に生息するコガネスズメダイは学名が変更されてChromis albicauda(Allen and Erdmann, 2009)となる。

八丈島、屋久島、琉球列島、インド太平洋に生息するChromis analis(Cuvier, 1830)の和名がなくなってしまったのでヒマワリスズメダイという新称が与えられました。

ヒマワリスズメだって、、可愛い名前ですね。
八丈島にたくさんいるんで是非ヒマワリ娘たちを見に来てください。
himawari.jpg
写真は、とてもお若いヒマワリ娘です。

さてコガネスズメ問題、これで解決かな、とおもったら大間違いです。
冒頭に書いたようにまだコンプレックスはまだ存在します。
このお話はのちほど。。

水中写真がもっと上手になりたい方→ 44のフォト講座

<< 不思議 | ホーム | 生態観察 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。