FC2カウンター

皆さんへMessage

44

Author:44
東京から南へ300kmの伊豆七島で一番南にある島。
「蒼い海・青い空・深緑の山」
小さな島だけど、とっても大好きな島なんだ。
そんな八丈島を少しでも感じてもらえたらいいなぁ~。

ねっとしょっぷ

INTERIOR ART SHOP

おやじギャグ

かれんだぁ~

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

かてごりー

RSSリンク

最近のこめんとだよ

ブログりんく

このブログはレグルスダイビングの一部です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 border=
あまりネット上で不満をぶちまけるのは好きではないが、行政相手なので一発いっちゃいます。
まず底土の砂を入れての海岸整備。一時の沖縄の砂を入れたり大量の砂入れはなくなったものの、砂入れ整備は止めていません。
砂浜は、海岸の幅と傾斜の関係で流失しない砂浜の量は決まっていて、その量を超えると砂は海にさらわれてしまいます。
見事にその量を超えて積み上げちゃいました。従って海はにごにごで透明度のよい美しい海を海水浴をする人たちに味わうことができません。
誰がための海水浴場整備なんでしょうね。
その底土。砂浜から伸びる堤防の先に海に入れる階段があります。地元の子から観光客までみんな堤防から飛び込み階段から上がってきます。
その階段も整備してくれます。なんと滑り止めのゴムを引いて手すりまで付けてくれるそうです。
これはありがたい。もろ手を挙げて大賛成!と言いたいのですが、あらら工期海水浴シーズン・・・。何で海水浴のいない春先にやらないでしょうか?
海水浴で小さな子供たちがよく使う神湊という港の中に小さな砂浜があります。
こちらはかなり大規模な工事で、その砂浜の道路整備により、小さな砂浜は一度おもっいきり掘られ、橋げたが作られ再度砂浜を再生しました。
おかげで子供たちを遊ばせるお母さん方にとっては橋げた下はよい日除けになることでしょう。道路だって曲がっていたところが直線になって事故も少なくなることでしょう。
ってちゃうちゃう!
この工事によって神湊の海の中は泥が堆積しどろどろの海になってしまいました。利便性や安全の代償なんですかね。
そしてこの港の反対側の八重根の元港。今は海水浴で賑わっていますが年々この中に外から砂が運ばれて水深がどんどん浅くなってしまってます。
そこで今回浚渫工事で5mの水深にするそうです。水深が深くなるのはありがたいのですが、掘ってしまうので環境が変わるのが怖い。どうなってしまうんでしょうね。こちらはちょっと未知数かな。
なんだか今年の八丈島は海岸整備に賑わっちゃっていますね。



水中写真がもっと上手になりたい方→ 44のフォト講座

<< 報告 | ホーム | くねくね、にょろにょろ >>

コメント

コンクリート

日本人は、コンクリートで好きなだけ固め、海岸を消波ブロックと要壁でかこみそれが綺麗になったとおもっている民度の低さにも問題があるでようね。
自然のままが一番いいのに、手着かずの自然をみると、どうしようもなく触りたくなり、日本の国土が全て人工的なものにかえないと気がすまない。
その工事を依頼することが政治であると考えているようです。最近は民間がうるさいので、離島などにどんどん仕事がいき、いままでの自然をコンクリートで固めることがいいのでしょう・・・。
自然豊かな日本のはずなんですが、自然の現実をみると、めちゃくちゃ暗くなる・・・。

あべちゃん、コメントありがとね!

八丈島行ってみたいな~

八丈島に行ってみたいな~と思っています。以前、神津島に行ったことがあるのですが、もっともっと南なんですよね。でも、海岸整備の話、いいこともあれば悪いこともありそうですね…。そういえば、今、小沢一郎さんが八丈島に釣りに行っているとかそんな話が出回ってますが、ホントですかね?役職の何にもない人が、今後のキーパーソンというのはなんだかちょっと寂しい感じがしますが…。

よく釣りに来ます。息抜きなんですね>
観光と自然、難しい問題です。
今年はいいよ~、是非いらしてね♪

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。