FC2カウンター

皆さんへMessage

44

Author:44
東京から南へ300kmの伊豆七島で一番南にある島。
「蒼い海・青い空・深緑の山」
小さな島だけど、とっても大好きな島なんだ。
そんな八丈島を少しでも感じてもらえたらいいなぁ~。

ねっとしょっぷ

INTERIOR ART SHOP

おやじギャグ

かれんだぁ~

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

かてごりー

RSSリンク

最近のこめんとだよ

ブログりんく

このブログはレグルスダイビングの一部です

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 border=
オケモリさん、間違えて前日の日記を上書きしてしまった・・・。すいません。
シテンチョウチョウウオとヨスジニセモチノウオのお話でした。
シテンは沖縄でも稀に見られるようですが、こちらのミクロネシアの四天王の2匹はいないんじゃないでしょうか。
では紹介しましょう。

沖縄やフィリピン・インドネシアにダイビングへ行くゲストはたくさんいます。
「加藤さん、こんなの撮って来たよ♪」とか「これは何ですか?」など様々な種類を見せられているおかげで、私の頭の中には八丈以外の魚たちがいっぱいインプットされちゃいました。
さらに1年に1度の冬場の海外ツアーでフィリピンやパラオ、バリなどの魚たちをなまで見ているので、写真でしか見たことのない種類から新たな種類を一通見てかなり把握できるようにもなりました。
ところがフィリピン系列だけを潜っているとどうしても見ることのできない種類がいます。
それが小笠原やサイパンに生息するミクロネシア系列の魚たちです。
その中でもトップクラスで見つけたい、見たいと思っていた魚がいました。
まずはマイヒメベラ。小笠原とサイパンで稀に見られている地域限定種です。あまりにも確認されていないので情報も少なく、ほとんどネットにも現れない幻のベラです。
もちろん現地でも見たという情報もなかったので自力で見つけるしかありません。気合はいりましたよぉ~。
おかげで滞在中数匹のメスのマイヒメベラを見つけることができました。
でも写真も撮ってしまうとどうしてもオスが見たくなってしまうものです。
欲というのは限りがありませんね。
情報はありません。オスの生態の写真も見たことがありません。
ただネットで小笠原で撮られたオスの婚姻色らしき写真がありましたが、シラタキベラダマシ属1種ではないかとかかれていました。
田中先生、そのあたりの見解はその後どうなったのでしょうか。私はどう見てもマイヒメベラのオスの婚姻色だと思っているのですが。。
いやぁ~益々見つけて撮りたくなってしまった。
mai.jpg
もう1種はクチベニソメワケベラではないかと思う写真です。
こちらもほとんど情報はなく、唯一ある図鑑に載っているのですが小さすぎて特徴がよく分からないのです。
もちろん現地でも見たという情報もなかったので自力で探しました。
ホンソメワケベラらしきベラがいれば手当たり次第撮りまくり、ついにこの子に出会ったのです。
とても変なホンソメでしたが、クチベニソメワケベラとは断定できず帰ってから調べました。
クチベニソメワケベラの特徴は口の部分が赤いことです。写真では赤くありませんが、どうやらその特徴よりも、体側の中央部のラインが薄れ途切れたような特徴を持っているようなのです。
確かに見たとき、体側のラインが薄れて途切れたように見えましたが、写真ではかなりはっきり写っています。
さてこのベラが果たしてクチベニソメワケベラになるのでしょうか。
結果は今度出すガイドブックでね。同じ写真が載ったらクチベニソメワケベラ。載っていなかったらボツということです。


kuchi.jpg


水中写真がもっと上手になりたい方→ 44のフォト講座

<< 憧れのバニー | ホーム | オチはいらない >>

コメント

稀ですが
潮通しの良い外海に面した
岩盤地帯などにペアで生息してます。
現在2か所4匹生息中。(^。^)


情報ありがとうございます。阿嘉島にいるんですね。でもやっぱり珍しいんだ。
シテンチョウだけに阿嘉島の四天王と呼んでくださいな。
ゲストに「四天王見に行きますか?」って言ったら人気がでるんじゃないかな。

マイヒメは見た記憶はありません。
現地でも稀だとやはり流れてくる確率も
相当低くなると思われます。
白いお腹はニューギニア同様とても目立つので
居れば分かるはずです。
口紅ですか・・・これも見た記憶がありませんが
水中で見分けるに大変そうですね。

クチベニ?は水中で見るとまったくの別物に見えるからすぐ気が付きますよ。
探して見て。

写真はマイヒメベラの♀ですかね。しばらく見ないうちに♂は Database にあるようですが、解剖された結果なのでしょうね。黒い個体は一時期未記載扱いでしたが。一方のクチベニですが、体側のぼやけ具合から本種みたいですが。

マイヒメのオスでしたかぁ~。いやすっきり!
クチベニは口は赤くなく、それよりも体側のラインがぼやけているが正しいようですね。
でもなぜクチベニと付いたんだろう。老成すると赤くなるんですかね。

今ある図鑑のクチベニソメワケベラの写真をルーペで見たらスミツキソメワケベラの若い子でした。これ誤同定ですね。
スミツキであれば確かに口は赤いです。もしかしてこの解説によって勘違いが生まれたんですかね。

なるほど・・・。
スミツキは20年で3個体デス(笑)

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。